法律事務所

サイトマップ

悪徳商法かも?と心配になったら無料相談を

商品を購入した後に、どうもおかしいな〜怪しいなと感じるようでしたら、悪徳商法もあるため、ご自身で判断するのではなく、プロへ相談すべきです。まず、消費者センターや国民生活センターなどへ連絡して相談すると良いでしょう。
まず状況を伝え、契約しているようであれば8日以内はクーリングオフができるので素早く手続きが必要になります。また、クーリングオフ・契約解除したいけど忙しくて時間がないという方にはクーリングオフ・ネットが対応してくれるので依頼することができます。まず無料相談にて受け付けているので、現状を話して悪徳商法かどうかアドバイスをもらい、そして悪徳商法だと感じたり契約解除したいと思ったらすぐにクーリングオフ・ネットにて対応してもらうようにしましょう。
じっくりと相談できる時間があるようでしたら、国民生活センターや消費者センターを利用して相談してみると色々と詳しい内容を話しながら対応してくれるので契約解除やクーリングオフ、悪徳商法対策など一番ベストな方法を提案してくれます。最近多いのが、友人からのセミナーの誘いで儲かるから参加しようなど誘いがあった場合、仲良い友人だとしてもお断りした方が良いですし、悪徳商法の誘いに多いケースです。

悪徳商法にはまず無料相談を

今の世の中悪徳商法がとても増えてきています。特に高齢者を狙ったのが特に多いのです。悪徳商法で有名な「オレオレ詐欺」などから「架空請求」他にもいろいろな種類の詐欺が増えてきています。自分は大丈夫と思っている方でも、実際に被害にあわれているのが現実です。
まずはうまい話しは疑う事から初めてください。そんなに自分にとって良い話しなんて、そうそう転がっていませんから。そして身内の方が何かあったとかでも、すぐに行動を起こさずに一度冷静になって考えてみましょう。そうするとおかしい点などが見えてくるのもあると思います。
ただ悪徳商法の架空請求の請求書が裁判所から届いた時は注意が必要です。この場合無視していると、本当に支払いをしなければいけなくなります。もしもこのような架空請求や気を付けていても実際に被害にあわれた場合は、ちゃんと相談してみましょう。
国民生活センター、消費生活センター、弁護士・司法書士などいろいろな専門家が助けてくれるはずです。もちろん相談するまでに時間が経てば経つほどお金が返ってくる可能性は低くなってきます。被害にあわれたりしたら出来るだけ早く相談する事にしましょう。その時は警察に被害届を出すのも忘れずにして下さい。捕まったりした時にお金が返ってくる可能性もありますからね。

悪徳商法のきわどいところは弁護士に相談

悪徳商法もモロにそれが見えているわけではなく、きわどいところを攻めてくることがあるのです。例えば嘘ではないのですが、大げさすぎる広告で売ったりすることです。悪徳商法ではあるのですが、それも極端に大きく損をするわけではない、ということもあり、訴えたり相談したりするまで、警察にいうまでもない、と考える人が多くいたりするパターンです。もちろん、悪徳商法で一気にがっつりと利益を出して逃げてしまう、ということもあります。
悪徳商法には、いくらでも方向性があります。その中でもきわどいところを攻めてくるような業者というのは、かなり上手く誤魔化そうとします。相談した警察も判断に微妙に困ることがあったりするわけです。では、そんなときには諦めるしかないのか、といえばそんなことはないです。お金はかかってしまうのですが弁護士に無料相談し依頼する、ということがあるのです。そうすればかなりしっかりと対処できるようになります。それこそがまずはお勧めできる対処になります。
悪徳商法といっても一発で見るからに違法であり、警察が即座に動く、ということは実はそんなに多くないのです。詐欺であろうとも成立要件が意外と厳しいのでなかなか悪徳業者と闘うのもかなり大変なことになるのです。そもそも関わらないのがベストです。


悪徳商法の無料相談なら
悪徳商法に引っかかってしまったのなら専門家に無料相談するのがいいでしょう。しっかりとサポートしてくれるので心強い味方でもあります。なんとしてでも取り返したい、そんな思いがあるならぜひ悪徳商法の無料相談にいきましょう。

悪徳商法を事前に防ぐためにはどうしたらいいの

最近、悪徳商法の手口が巧妙になってきていますので高齢者が被害に遭う事件が増えてきています。テレビや新聞などで実際の手口を見ているので、自分は大丈夫だと考えていても悪徳商法をしている方はやり方を徐々に変えてきていますので気をつける必要があります。そこで悪徳商法を事前に防ぐためのポイントについて教えます。まず、高齢者の方が不審な電話や訪問販売に気をつけることも大切ですが、やはり周りの家族…

悪徳商法に狙われやすい人は?

世の中には人をだますことでお金をむしり取ろうとする悪徳商法を営んでいる輩がいます。こうした悪徳商法を行っている連中は、ある意味、人を騙すプロであると言っても言い過ぎではありません。人を騙すという点に関してのスキルは本当にすごいものです。そうした連中に目をつけられてしまうと、なかなか逃れるのは難しかったりします。特に狙われやすいのは成人仕立ての若年層と、お年寄りです。例えば、20歳にな…

1人で悩まないで相談しましょう

私は約7年前、架空請求に騙された経験があります。始まりは、身に覚えがない請求メールでしたが「もしかしてあのサイト有料だったのかな?」と可能性が0で無い分信じてしまいました。メールに記載されていた電話番号に電話すると10万円支払うように支持され、支払わなければ裁判を起こすと言われました。「裁判になって来られなかったら敗訴」という言葉に焦りを感じ、家族や周りの人に迷惑をかけないためにも送…

悪徳商法に気をつけること

おいしい話には裏がある、というのは多くの場合は正しいことになります。悪徳商法の一つのパターンとして極端にこちらにメリットがある話し、ということがあります。それが必ずしもそうであるというわけではないのですが、世の中には相場というのがあり、それよりも遥かに安い、或いは条件が良いようなやり方での売買は疑うことです。そうするだけで悪徳商法からは逃れることができる可能性がとても高くなります。悪…

TOP